ペットボトル一つとっても違いがあります

生ごみもいづれは分別に?

日本では市町村で「生ごみ」が焼却処分されていますよね。
このご家庭ででる生ごみも、これからは分別の対象になるかもしれません。
なぜ家庭から出る「生ごみ」がリサイクル回収につながるのかというと、生ごみというのは、土地の肥料になるからです。
今、多くの市町村で、家庭用の「堆肥化器具」の購入を一部補助するという流れがあります。
そうです、リサイクル項目がまた、「生ごみ」と増えていくかもしれません。
市町村でこれもまた変わってゆくと思いますが、「生ごみの日」なんかもリサイクル回収の日として出てくるところもあるかもしれません。
ご家庭に既に堆肥化器具がある方は、一歩先を行っているんでしょうね。
そう考えていくと、基本的に買ったものはリサイクルに出すのが、当たり前の社会になってゆくのかもしれませんね。

北海道札幌市の例

リサイクルの回収が地域によって違うのは、焼却施設と、人口密度の関係であることがわかってきました。
北海道札幌市では、ゴミの量を減らす運動を市長が率先して行い、燃えるゴミ、燃えないゴミの他に、包装容器の日、ビン、カン、プラスチックの日、雑紙の日、木の束・雑草の日と分ける事で、従来より資源回収が上がり、焼却施設を一つ閉鎖できたという例があります。
新聞雑誌の資源回収の日も町内会で個別にあるようです。
また、燃えるゴミ、燃えないゴミの有料化にともない、市民が率先して、リサイクル回収の日に資源物を出し、それがエコロジーにつながったということです。
しかし、日本で地域ごとにリサイクル回収を行っても、焼却処分されてしまうというのは、納得がいきませんよね。
買ったものは、全てリサイクル回収へ、となるよう私たちの心がけも必要になってくるのではと思います。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ